ECO TERRACE

エコテラスは、建築基準法の日影計算で30年の実績と、高い計算精度で信頼を得ている[生活産業研究所(株)]を主とした、日影解析の専門集団です。

太陽光発電マニュアル/導入の前に

太陽光発電の影の影響

太陽光発電を導入する際に、設置計画建築物周辺に設置面より高い建築物等がある場合は、日影の影響も考慮した日射量を算出(検討・提案)する必要があります。
太陽光発電システムを導入したいが、想定通りの日射量は確保できるだろうか?
多額の投資をし、太陽光発電システムを導入しても日射量が想定より下回る場合、そのリスクは高まります。

太陽光のエネルギーは莫大ですが、様々な要因でエネルギー損失があり、出力されるのは一部です。
その内、日影の影響はケースによっては、大きな減少要因となります。

エネルギー損失イメージ

⇒その為、太陽光発電システムを導入する際は、日射量、特に日影による減少分を具体的にシミュレーションする必要があります。


エコテラスの太陽光発電シミュレーションサービスはこちらよりご覧ください。
太陽光発電シミュレーションサービス一覧へ



発電量算出の要因

太陽光発電の発電量を算出するには3つの大きな要因があります。
・日射量  ・設置方向  ・設置角度
とりわけ、日射量を計算するには、日影の影響を考慮した日射量のシミュレーションが必要です。

日射量データ

太陽光発電システム導入の提案段階では、パネル枚数・特性、設置方向、設置角度と日射量により発電量を算出しております。
そのうち、日射量はNEDOや気象庁のデータを元に計算しており、殆どが影の影響が考慮されておりません。
例えば、日影の影響を及ぼす物体があり、合計5枚のモジュール(パネル)をフラットに配置した場合

太陽光パネルの配置

専用ソフトを利用し、日影を考慮した日射量をシミュレーション

日影を考慮した日射量をシミュレーション
パネル面に対する影の割合

パネル面積に対する日影面積の割合は、1.4%程度ですが...

30%近く発電量が低下するケース

30%近く発電量が低下する ケースもあります。
特に2階や3階の屋根に設置するケースが多いアパートの場合は注意が必要です。
大規模改善などの既築マンションの場合などは、周辺の建物の影響も重要ですが、それと同様に、屋根の上に突出した塔屋や排気塔などが思わぬ障害になります。

エコテラスでは、日射・反射光シミュレーションシステムの販売の他、日影解析の専門家が太陽光発電の日影の影響をシミュレーションするサービスを行っております。魚眼レンズによるサービスや専用ソフトを利用した高精度の日射量シミューレション計算が可能です。
お気軽にお問い合わせください。

エコテラスの太陽光発電シミュレーションサービスはこちらよりご覧ください。
太陽光発電シミュレーションサービス一覧へ

page top

TEL

お問合せフォームへ